共用費の削減

【共用照明のLED化】電気代をいくら節約できたか?(その1)

LED化した共用照明。どれくらい節電できたのか?

ここに書いてあること

小生の保有物件(物件A)で、共用照明の蛍光灯をLED化しましたが、どれくらい節電できたのかを、まとめています。蛍光灯のLED化で節電できるのは、よく知られていますが、具体的な内容なので、皆さんの保有物件で、まだ、LED化していない人には参考にしていただけると思います。

該物件共用照明のLED化の概要

この物件の共用照明のLED化の概要(本数とワット数)について、下表にまとめました。

対象の蛍光灯のタイプ本数交換後の
LED照明のワット数
補足
20W直管
(電源直結工事あり)
14@9W
20W直管
(電源直結工事なし)
@9W非常灯部
40W直管
(電源直結工事あり)
16@18W
コンパクト形蛍光灯13W
(電源直結工事あり)
@約5W
(電球タイプ)
42--
共用照明のLED化の概要(物件A)

補足しますと、もともと、逆富士型の蛍光灯照明がついておりましたので、これをそのまま利用する形でLED化しています。当初は、はやりの、見た目がよいLED一体型(ベースライト)のもので見積もりしてもらったのですが、まさかの100万円超えだったので、断念しました。

この物件でLED化にかかった費用ですが、おおよそ、3万円いかないぐらいでした。工事費用を入れても、全部5万円以内で、激安だと思います。

【結果】電気代は、いくら下がった?

さて、この物件での電気代(従量電灯)はどれくらい下がったか、ですが、下図に毎月の電気代の推移を示しました。

従量電灯(ほとんどが共用照明分)の電力量、電気代の推移 → H29年2月から8月にかけて順次、工事を実施してます。

グラフの説明をしますと、毎月の電力量と使用料金を30日分にそろえたものを、プロットしています。黄土色の線が「電気代の使用料」緑色が「使用電力量」を表しています。これを見ますと、LED化によって、ざくり言ってしまうと、電力量は約47%の減電気代は月6,300円の減、という結果になっています。節電できた電気代は、年に直すと75,600円ですから、かなりの節約となりました。投資額が5万円程度ですから、1年で既に元がとれています。

LED化、やってよかったです。

思った以上に、電気代節約の効果があり、驚いています。電気代の低減額が大きかったのは、電源直結工事を行っている箇所が多いためと思います。皆さんの参考になれば幸いです。

ちなみに、この物件で主に使用したのは、このLEDです。安い。↓


にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

-共用費の削減

© 2021 オオヤン・ナイト Powered by AFFINGER5