リフォーム 共用費の削減

【プロパンガス導入】切り替えようとしたら入居者の乱に遭遇しました

「ガス代が高くなっていくはずだ」と思っている一部入居者さんの反乱が発生!

ここに書いてあること

賃貸物件で定番のアイテムともいえる、プロパンガス導入を実行しようとしたら、一人の入居者さんの反対のために中止せざるを得なくなった話です。都市ガスからプロパンガスへの切り替えは、都市ガス屋さんを除く、大家、ガス屋、入居者さんのすべてにメリットを享受してもらえるものですが、あまりプロパンガスのことを、よくご存じない一人の入居者さんの反対のために導入を阻止されました。今、思うとうまいやり方があったのかもしれませんが、いい経験になりました。他の大家さんにも参考になるでしょう。

今後のリフォームの費用削減のために都市ガスからプロパンガスへの切り替えを決断した

中古のある賃貸物件を購入し、早速、いろいろやっていこうと意気込んでおりました。この物件はもともと都市ガスがひいてあるものでした。それ以前に、大家さんの本やセミナーで、都市ガスからプロパンガスへの切り替えを行うといろいろと設備等を無償貸与してくれ、メリットがたくさんあるという話をよく聞いていましたので、今後のリフォーム費用の削減や、設備が魅力的なものになって入居付けに有利になるよう、早速、プロパンガスに切り替えようと思いました。物件を購入した不動産屋さんのご紹介でガス会社を紹介してもらいました。

ガス代は変わらず。切り替えの特典(無償貸与)多し。

肝心のガス代はこれまでの都市ガスのときと同じレベルでひいてもらえることになっていました。値段を同じくらいにしないと、プロパンガス切り替えに同意してもらえないから当然でしょう。また、プロパンガスへの切り替えにより、ガス会社さんから無償貸与していただけるものは、以下のような内容でした。

  • 給湯器を新品(全室)
  • ガスコンロも新品(全室)
  • 物件の構造上、全室追い炊き化ができないので、一部は追い炊き化、他は温水便座をつける。

コンロは据え付けのタイプ(大家が保全しているもの)であり、ガス給湯器やコンロなどは、今後壊れていくもので、かなり金額がかかりますので、無償貸与していただければ、こんなありがたいことはありません。

古くなった給湯器

交渉はすべてガス会社さんがやってくれます。

都市ガスからプロパンガスに切り替えるための交渉はすべてガス会社さんがやってくれます。ガス切り替えのポスティングをした上で一軒一軒直接、説明をしてくれます。本件に関して、大家(私)がやることはなにもありません。

問題発生! 一人の反対の入居者さんが、他を扇動し、導入を阻止

切り替えをガス会社さんにお願いしてから、

「そろそろ、入居者さんとの交渉も終わっただろうなあ」

と思っていました。しかし、問題があったようである部屋の入居者さんがプロパンガスへの切り替えを反対していて交渉が止まっているとのことでした。しかも、その問題の入居者さんはもう一部屋の入居者さんも扇動して、交渉をややこしくしている、という話でした。 詳細のところはわからないのですが、問題はガス代のことらしく、何を根拠に言っているのか、確か、

「最初はガス代は都市ガス並みかもしれないが、やがて、高くするんだろう?」

どうせ、後で、ガス代を値上げするんだろう? あ?

みたいな疑念を抱いていたと聞いた記憶があります。ガス会社が「都市ガスと同じレベルにします」と言っているのに、「ガス代をいずれ高くするのだろう」とやくざのような言いがかりをつけられては、ガス会社さんも相当やりにくかったのだろうと思っています。

管理会社さん(入居者寄り)は、何もできず。

このような問題が発生し、管理会社さんによる、反対の入居者さんへの懐柔も期待したのですが、管理会社さん自身がプロパンガスの切り替えを経験したことがないのか、そして、大家よりも入居者さんよりの管理会社さんだったということもある、と考えているのですが、プロパンガス導入の反対は収まらず、それ以上の進展はありませんでした

結局、切り替えを断念しました。問題の扇動者は既に退去してます(怒)

ガス会社さんは、結局立ち往生したままの状態で、なす術がない、そんな状況となっていました。

プロパンガスの切り替えを強行してもよかったのですが、それで入居者さんが何部屋か退去する、なんていうことが起こるのを恐れて、折角進めていただいていたプロパンガス導入を取り下げさせてもらうことになりました。

断念することになりました。

ガス屋さんは、多くの経験があって、百戦錬磨で、こんな反対者への対応など、楽勝だと思ったのですが、そうでもなかったようです。
ちなみに、そのプロパンガス導入反対を扇動した入居者さんは既に退去してしまっています(怒)そんなんだったら、「邪魔するな」と言いたいです。

反省 → 導入までに時間をかけるべきだったかも。

しかし、このとき、プロパンガス導入ができなくて残念でした。あれから、自腹でガス設備を何台か更新していますので、プロパン導入できていれば、それだけの費用を節約できたはずでした。

それにしても、該扇動者の「ガス代をいずれ高くするのだろう」と思っていたようですが、もし、下手にガス代を大幅に値上げするようなことがあったら、信用問題になるように思います。そうなったら、さらに別のプロパンガス屋さんに切り替える、ということになるだろうと思います。この辺は契約書を見ておかないといけなかったですね。

反省ですが、反対者が出たところで、それ以上進めず、そのまま案件を寝かしておいて、よく理解してもらったうえで、半年、1年後に復活させる、という技をとればよかったと思っています。

再度、プロパンガス導入を試みる予定です。

下準備をした上で、あきらめずに、次回で導入しようと考えています。

次回は、もう同じプロパンガス会社さんにはお願いしにくいので、別の会社になるでしょう。自分で一社一社見積もりをとってもいいのですが、面倒なので、下記のような、一括見積のサービスを使うことになるはずです。


料金保証で安心!最適なガス会社の提案はこちら

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

-リフォーム, 共用費の削減

© 2021 オオヤン・ナイト Powered by AFFINGER5